消費者金融 学生 親にバレない

MENU

消費者金融で学生が親にバレないようにする

昔は消費者金融を利用するのはサラリーマンが多くを占めていました。
しかし最近では、学生などの若い利用者が増えてきているようなのです。(以下の図参照)

20代以下の人は学生も含まれていることから、全ての年代の中で借入の割合が最も少なくなっていますが、それでも意外と多い印象を受けることと思います。

 

学生という身分であるため、消費者金融でのキャッシングが親にバレないようにすることは、おそらく多くの人が考えることでしょう。ただし学生の内から借金をすると、親にバレることよりも更に大きなリスクを背負う危険性もあるのです。

 

本来であれば、お金を借りるよりアルバイトをして自分自身の力で必要なお金を工面することが大事であり、おすすめと言えます。ただし、現実は理想通りにはいかないことも多いでしょう。

 

大学生はお金がない!

学生は基本的にそんなにお金を持っていません。
アルバイトせずに、学業に専念している人も多いはずです。
貯金だって生まれてきてから数十年。たかが知れています。

 

なので突然お金が必要になった時は誰かに借りるしかないのです。

 

学生でも社会人のように親にバレないでお金借りる方法

大学生ともなると親にバレないでカードローンでお金借りたいと考えると思いますが、その前にあなたが消費者金融でお金借りれる人であるかをチェックする必要があります。

学生が消費者金融から借入する前のチェック項目

  1. 20歳以上であること
  2. アルバイトなどの収入があること

上記2項目は、なにも学生だから必要となる条件ではなく社会人であっても同様です。

 

大学生にお金を貸してくれる学生消費者金融でも、未成年や返済する能力のない人への融資はできません。上記の条件に当て嵌まらない場合には、素直に親に相談して支援を求めるのが賢明であると思います。

 

18歳や19歳、あるいはアルバイトをしていない学生さんだと、親にバレないで消費者金融から借入するのはあきらめるしかないでしょう。

 

消費者金融でお金借りれない!闇金ならお金借りれる?

大手の消費者金融でお金借りれないからと言って、間違っても「激甘審査ファイナンス」とも呼ばれる違法な悪徳金融業者でお金を借りないようにしてくださいね。

 

確かに、このような所であれば、学生を含む誰もがお金を借りられるかも知れません。ただし闇金から借入したばかりに人生を棒に振るようなトラブルに巻き込まれるケースも実際に起きていますし、就職活動に影響を及ぼす可能性もあります。

 

「信用情報のキズ」や「ブラックリストに載る」の意味とは

20歳以上であり安定した収入もあるのに、何故かキャッシング審査に落ちてしまったということもあるでしょう。自分でも気付かない内に信用情報にキズを付けてしまっている場合もあるのです。

 

「信用情報のキズ」という言葉に余り馴染みがないという大学生の人でも「ブラック」「ブラックリストに載る」という言葉なら聞いたことがあるという人は多いと思います。

 

言葉の響きからも何やら不安な感じを受ける人も多いかも知れませんが、そうです、その通りこれは不安要素でありキャッシングを利用するには大きなマイナスポイントと言えるのです。

 

このブラックやブラックリストに載っている人はカードローン利用やキャッシングができないということは、大学の授業で特別な教育を受けていなくても誰もが知っていることですよね。

 

信用情報のキズとは、ブラックなどの言葉と同意語であり、個人信用情報機関に事故情報として登録されていることを意味しています。

 

信用情報にキズが付くタイミングは主に3つある

ブラックを意味する「信用情報のキズ」は、一体どのタイミングで付くことになるのでしょうか。

 

一般的には以下のようなことがあると、個人信用情報機関にその事実が約6ヶ月〜5年間登録され、その間はローン審査に落ちる可能性が高くなってしまうのです。

信用情報にキズが付くタイミング

  1. 返済の長期延滞をした時
  2. 自己破産などの債務整理をした時
  3. 一度にいくつものサービスに申込みした時

信用情報にキズが付くタイミングとして今まで知らなかったこともあるかと思いますので、以下で簡単に説明していきますね。

 

大学生だから、学生だからと言って信用情報のキズを見逃してくれる学生消費者金融はなく、社会人と同じように扱われていますし、それが現実と受け止める必要があるのです。

 

返済の長期延滞をした時

返済期日に1回遅れただけでブラックになるかどうかはそれぞれのキャッシングサービスによって違いがあるようですので一概には言い切れませんが、一般的には3か月以上の長期延滞で返済後5年間ほどはキャッシング審査に落ちやすくなると言われているんです。

 

この場合には督促の電話や郵便が届くことになるため、親にバレないキャッシングは難しくなります。このような時には親に心配もかけてしまいますので、返済期日を守ることが大切ですよ。

 

キャッシングを利用していないのに審査に落ちる場合もある

 

例えば新しいスマートフォンを分割で購入している人が携帯代の支払いを滞納し、気付かない内にブラックになっているというケースもあるため要注意です。

 

自己破産などの債務整理をした時

過去に自己破産などの債務整理をした場合は最低でも5年間は信用情報機関に事故情報として登録されるため、この期間は審査が通らないのが普通と考えた方が良いと思います。

 

債務整理をしたからと言ってただちに親にバレるとは言えませんが、大学を卒業した後に就職して親と一緒に住宅ローンを組む時などには、債務整理がバレてしまう恐れもあるのです。

 

自己破産とは

 

債務者である個人が返済不能に陥ったとき、債務者本人が裁判所に破産の申立てをし、裁判所が債務者に対して破産を宣告すること。
個人破産、消費者破産とも言う。

 

破産申立てを受け、裁判所が免責を認めると、それまでの債務はすべてなくなる。裁判所は、ギャンブルや浪費などで多額の借金をした場合その他の免責不許可事由がなければ免責を許可する。また、不許可事由がある場合でも、破産者が生活を立て直し、まじめに取り組んでいる場合などには裁判官の裁量で免責が許可される場合もあり、実際、申し立てをした人の90%以上が許可されている。
(引用:金融広報中央委員会 知るぽると「自己破産とは」

 

一度にいくつものサービスに申込みした時

カードローンに申込みしたい時、学生であることから社会人よりも審査落ちが心配になるあまり、一度にいくつものカードローンやキャッシングに申込みをしたくなることもあるでしょう。

 

ですが、そうすることで「申込みブラック」という状態になり、最低でも6か月間はカードローン審査に落ちやすくなってしまいます。

 

学生消費者金融でお金を借りる時、まずはその前に親への相談がおすすめですし、なるべくなら大学生のうちからカードローンの申込みはしない方が良いと思います。

 

それでもお金に困っていることを親にだけは言えないという学生の人もいると思います。その場合には親にバレないでお金借りたいと思うことでしょう。

 

学生がどうしても借入したい時には、大手の有名な学生消費者金融1つに絞って申込みして見ることが大事です。そしてもしキャッシング審査に通らなかった場合には、6カ月ほど待ってからもう一度申込みしてみましょう。

 

誰にも知られずに内緒でお金を借りる

お金を借りる時は消費者金融を利用するという方法がありますが、なるべくなら誰にも知られたくない。
友達はもちろんのこと、家族はもってのほかです。
親にバレないようにお金を借りるにはどうすればいいのか。

 

基本的には消費者金融でお金を借りる手続きをする際には、親の承諾等は必要ありませんので、親バレの点について安心できます。

 

さらに、債務情報は第三者に伝えてはならないという約束もあるので安心です。
しかしそれにはアルバイトなどをして、一定の収入がある状態でいることが1つの条件です。
その他、20歳以上であること。学生でも高校生はもちろん借りることが出来ないのです。

 

一定の収入と言っても、時給が高かったり、勤続年数が長かったりすると返済能力が高いと診断されます。
掛け持ちでバイトをしている場合は両方の収入証明を用意するといいですね。

 

学生消費者金融 親バレ