消費者金融 学生 無利息

MENU

学生が消費者金融を利用するなら無利息がいい

大学生になるとひとり暮らしを始めたりするので、自分で生計を立てている人も多いです。
そうなると、急にお金が必要になってしまったということは多々あります。
そんな時に頼れるのが消費者金融。
学生でも条件さえ満たしていれば、お金が借りられるケースもあるのです。

 

学生におすすめなのは無利息でお金借りれる消費者金融

消費者金融を利用する大きなメリットの1つに無利息キャッシングがあるのです。大手では30日間の無利息期間が主となっています。

 

ただし利用には以下のような注意点があるのでこれからカードローン利用をしようと考えている大学生の人は意識だけでもしておいてください。

無利息キャッシングの注意点

  1. 初めてカードローンを利用する場合に限る
  2. 利用にはそれぞれのサービスの条件を満たす必要がある
  3. 返済に遅れると無利息期間が終了する
  4. 無利息期間の開始日はそれぞれのサービスにより異なる

 

30日間無利息は初めてのカードローン利用のみ

30日間無利息を利用する場合、そのカードローンの申込みが初めてである必要があります。もし、以前にそのカードローンを利用したことがある場合には利息なしにはならず、返済期日には借入れの日数分の利息が掛かりますので要注意です。

初めてなら30日間無利息がお得

 

 

(出典:YouTube『アコム WEB限定CM「挑む男 プレゼン篇」』

 

無利息サービスの利用には一定の条件を満たすことが必要

学生消費者金融で無利息サービスを利用するには、それぞれのキャッシングサービスで無利息キャッシングの利用条件をチェックする必要があります。

 

中にはサービスの登録や特定の返済方法を選択する必要がある場合もあるため、申込みをする前にホームページを良く読んでおくと良いですね。

 

返済期日に遅れると無利息期間は終了となる

大学が無利息期間のある学生消費者金融でキャッシングする場合、気を付けて欲しいのが返済期日です。

 

利息を0円にすることができるサービスの利用中にも返済期日がやって来ることはあります。その際に返済の遅れがあると、無利息期間はその日の内に終了となってしまうのです。

 

利用から30日以内であっても翌日から利息が掛かることになるため、たった1日の返済の遅れにより本来ならば支払わなくてもよい利息が付いてしまいます。特に低金利でキャッシングしたい学生の人は要注意ですよ。

 

無利息期間の開始日に注意!

30日間無利息という便利なサービスに申込みして審査に通り無事に契約が完了することができれば、一先ず安心ということになりますよね。

 

注意したいのは無利息期間の開始日であり、それぞれのキャッシングサービスにより2つのタイプに分かれているのです。

無利息期間が開始する2つのパターン

  1. 契約の翌日から無利息期間が始まる
  2. 初めての出金の翌日から無利息期間が始まる

無利息期間の開始日を間違えたとしても損をするのは1日分の利息だけですが、利息0円でお金を借りたいと思っている大学生の人なら何だかとても損した気分になるかも知れません。

 

この点についてもそれぞれのホームページでの確認をおすすめします。

 

30日間無利息サービスのメリット

学生の人におすすめなのは無利息期間もある大手のキャッシングサービスと言えますが、そのメリットとはどんなことでしょうか。

 

30日間無利息でお金を借りるメリットは、もちろん利息0円でキャッシングできるということになります。よく「銀行の方が低金利だからお得」と言う人がいますが、それでも金利は掛かっている訳で、銀行カードローンでは利息0円になりませんよね。

 

対して消費者金融の無利息サービスならば、30日間は利息なしとなるため、この期間中にバイトの給料日がやって来れば全額返済も可能であり、その場合には借りたお金のみの支払いで済むのです。

 

そもそも利息ってなに?

 

利息とは元本債権から生ずる所得のことで利子ともいいます。金銭を目的とする消費貸借で元本以外に授受する金銭が利息で,それが手数料という名目であっても、利息であることに変わりはありません。

 

利息の元金に対する割合を利率といい,年1割(10%),日歩10銭というように表示します。日歩というのは,元金100円に対する1日当たりの利息のことで,日歩10銭は1日当たり0.1%ということになります。よく高金利のことを「トイチ」といいますが,これは10日で1割の利息を取ることをいいます。

 

利息は,法律に規定がある場合か,当事者間で約束した場合に発生します。前者を法定利息,後者を約定利息といいます。また,発生した利息を元金に組み入れるか否かで,複利(重利ともいう),単利の区別があります。

 

例えば,年5%で1万円を3年間借りると,3年後の返済額は単利では,
10,000円×(1+0.05×3)=11,500円
となります。これが1年複利ですと,
10,000円×(1+0.05)×(1+0.05)×(1+0.05)=10,000円×1.053=11,576円となります。

 

なお,1年複利とは,1年間に発生した利息を1年後に元金に組み入れることで,半年複利,1月複利というのも同様に考えます。
(引用:金融広告中央委員会 知るぽるとHP「利息の知識」より抜粋)

 

高校生はお金を借りるのは不可能

高校生は消費者金融はダメ

まずは、満20歳以上であること。高校生はもちろん、大学生でも20歳になっていないことがあるので確認しましょう。

そして定期的な収入があること。パートやアルバイトなどの定期的な収入がないと、審査に通らない場合があります。

 

大学生でキャッシングの申し込みが可能な条件は、満20歳以上でパートやアルバイトなどの定期的な収入がある人に限られます。
ですから、大学生であっても未成年の方は申し込みはできませんので注意してください。
この条件を満たしていれば、学生でもキャッシングに申し込むことができます。

 

さらに学生でも無利息でお金を借りられるサービスへ申込むことも可能です。
無利息で借り入れ可能な消費者金融も条件がありますので、詳細は各種サイトよりご確認ください。

 

あなたがもしも裕福な家の子であったとしても、くれぐれも返済期限を過ぎてしまったりしないようにしてください。
自分の返済能力を考えて、無理なく借りることが大切です。

 

学生消費者金融のオススメ