MENU
 

学生消費者金融


学生でも申し込める消費者金融!

 

学生はお金が必要になることがたくさん!消費者金融なら学生でもお金借りることは可能です!

 

消費者金融をお探しの学生さんはココ!安心おすすめサービス!

<24時間365日PC・スマートフォンから申込可能!!>

※学生でも満20歳以上でアルバイトなどで一定の収入がある方は申し込み可能です。

 

 

 

【プロミス】

最短1時間融資!!
土日祝日も申込可能!

プロミスは即日融資も可能

 

WEB上でキャッシングのすべての手続が可能ですので、今すぐにでもキャッシングの申込ができます。

 

メールアドレスとWeb明細利用の登録をすれば、30日間無利息サービスを利用できます。

 

詳しくは、店舗への来店不要で利用できる、大手企業の安心感・信頼感抜群のプロミスを確認してください。

 

学生でも消費者金融を利用したい・・そんな場合の疑問を解決!!
学生だけど借りることはできる?
アルバイトなどで一定の収入がある方なら学生でも申込可能です。
今すぐお金が必要になったんだけどどうしよう?
PCやスマートフォンからの申し込みがスピーディーかつオススメです。
消費者金融はたくさんあってどこがいいのかわからない・・
CMでよく見かける大手が良いでしょう。
学生の場合に特別な審査は?
特別な審査はありませんが、20歳以上であるなどの条件があります。
今日中にお金を借りたい!無理?
申込みの曜日や時間帯によりますが、条件を満たすことができれば可能です。

 

 

これらの不安を解消するためには、詳細をきちんと確認するようにしましょう。
条件を満たして契約どおりに行えば、スピーディーにお金を借りることができるのです。

消費者金融を利用する学生

 

消費者金融 学生

学生がお金を借りたいと思った時、消費者金融でお金を借りることもできる便利な世の中です。

 

友人からお金を借りようとしても、「お金だけにいざこざがあったらそれっきり絶交!」なんてこともありますよね。
また即日にお金が必要になった時も、貸してくれる人が近くにいるとも限りません。
人によってはお金が必要なことを親に知られたくない、親にバレないようにお金を借りたいなんてこともあります。

 

そんな時に消費者金融はとっても便利なので超おすすめです。
スマホからでもキャッシングおすすめ即日の申請できてしまうので、親にも誰にも見られずに済むことも可能です。親バレや家族バレはできれば避けたいものですものね。

 

ただ、20歳以上であり、アルバイトなどをしていて一定の収入があるなどの条件がありますのでそういうところをきちんと確認して覚えておきましょう。19歳以下の未成年は大手のキャッシングサービスでは法律上借り入れをするのは不可能になっていて、大学生であっても20歳になっていないと個人の責任で他の場所からお金を借りるということはできないのです。

 

未成年の場合は仕方がないので親・親戚・友人・学校・警察などに「困っています」と相談することをおすすめします。

 

収入の少なさに不安があっても審査に通るか

お金を借りたいと思っても、収入が少なければ銀行や消費者金融の審査に通るか不安になるかもしれません。そこで、審査基準が緩いような消費者金融などをインターネットで探すという人もいるでしょうが、健全な銀行や消費者金融においては審査をしっかり行わないケースは無いと考えた方が良いです。

 

基本的にはどの金融機関でも融資にリスクがないかどうか自社の基準に沿って厳しく審査をします。もちろん、各社における基準は異なりますので、相対的に厳しさの違いを感じるということはあるでしょうが、それほど大きな違いがある訳ではありません。

 

もし絶対に借りることができる、といったような消費者金融であれば危ない業者の可能性もあります。危ない業者の手口は、不安に思う気持ちを逆手にとって甘い誘い文句で騙してきますので、よく注意する必要があります。(参照リンク:【悪質消費者金融業者の被害にあわないために】被害の実例 | 日本貸金業協会

 

イメージによる誤解《消費者金融を利用するとブラックリストに載る?

急にお金が必要になった時、借入れが必要と判断した場合には何処かの金融会社を探す事もあるでしょう。今まで借入れの経験が無かった人が利用する金融会社の選択に迷う時には、まず銀行カードローンがおすすめとなります。

 

それでも銀行カードローンの審査は厳しく、クレジットカードの利用や借入れの経験が無いという「ホワイト」の状況の人は、審査では不利になる事もあるようです。審査で有利になるのは適度な借入と返済の記録が個人信用情報機関にある人です。

 

そんな時には消費者金融の利用もおすすめと言えます。消費者金融の審査は銀行よりは厳しくないという傾向にある為に、銀行よりも審査に通りやすいと言われています。それでも消費者金融を利用すると、信用情報にキズが付きブラックリストに載るという誤解が存在しているようです。勿論、消費者金融を利用するだけで、信用情報にキズが付く事はありません。これは消費者金融のイメージによる誤解と言えるでしょう。
個人信用情報機関では延滞や債務整理等の事実だけでなく、消費者金融に契約の申込みをした事実もリアルタイムで登録がされるようになっているようです。勿論その後の借入れや返済の記録もしっかりと残される事になります。学生であれば奨学金の延滞も非常に大きなリスクです。(以下の動画を参照)

ブラックリストに載る」と世間一般で頻繁に言われますが、実際にはブラックリストの存在はありません。それでも個人の借入れ申込みや実際の利用の記録は、このように残されています。その記録の中での債務整理や延滞の事実がブラックリストに該当をします。したがって特別こういった事故情報だけを記録しているリストは無いという事になります。

 

総量規制と借入限度額の関係

消費者金融や信販会社でのキャッシングは、いくらでも借入れができる訳ではありません。総量規制が布かれている今日では、年収の1/3までの借入れがその人の借入限度額となるのです(参考リンク:金融庁HP「貸金業法Q&A (1)総量規制とは」。それでもいきなり高額の借入れが可能になる事はありません。初めは10万円から50万円までが設定をされる金額となっているようです。年収や職業によって借入限度額が決められますが、契約後半年以上が経過したところで増額申請をする事で少しずつ借入限度額を増やして行く事が可能です。

 

おすすめしている大手の消費者金融では増額申請も会員ページから行えます。申請後は審査が行われますので、審査に落ちた場合は増額されない事になります。

 

消費者金融を利用すると信用情報にキズが付くという誤解をしている人もいるようですが、そのような事は無く、利用をした時に返済の延滞や債務整理をした時にそのような事態になります。借入限度額の増額は可能ですが、総量規制の範囲内となり、学生であっても年収の1/3を超える金額を借りる事はできません。

 

50万円を超える借入れには学生であっても収入証明書の提出が必要となるのも、総量規制の内容の1つとなっています。

 

消費者金融と学生ローンの違い

学生が飲み会や学費、就職活動など必要なお金の工面で金融機関から借入したい時、すぐに思い付くのが消費者金融や学生ローンでしょう。

 

どちらも個人向けの融資を行っていて、貸金業法(参考リンク:日本資金業協会「貸金業法について」に沿った営業をしていることでは同じ貸金業者であると言えます。

 

学生が借りられる金額の上限は年収により決まり、限度額もその金額以下となるのです。借入条件として安定収入があることも共通点となっています。

 

両者には似ている部分が多いですが、実はいくつか違っている点もあるのです。学生の借入で便利なのはどっちか判断するには消費者金融と学生ローンの違いについて理解しておく必要があります。

 

消費者金融と学生ローンの違いは主に以下の点にあるのです。

消費者金融と学生ローンの違い

  1. キャッシングを利用できる人の条件
  2. システムの便利さ

キャッシングを利用できる人の条件は、消費者金融と学生ローンでは一部で違う場合もあります。更に、借入や返済で関係してくるシステムの便利さにも大きな違いがあるのです。

 

キャッシングを利用できる人の条件が違う

消費者金融から借入する場合、20歳以上で安定収入がある人であれば学生でもお金を借りられる可能性があります。

 

一方、学生ローンの場合には学生向けのキャッシングであるため、成人していてどんなに高額の収入を得ていても学生でない人が借入することはできません。

 

学生であるか否かによってどの金融機関でお金を借りられるかが決まってくるため、消費者金融と学生ローンでは利用できる人の条件に違いがあることになるのです。

 

学生ローンなら未成年の学生も借入できる可能性がある

学生か社会人かということの他に、20歳以上であるか否かによっても利用できる金融機関に違いが出てくるのです。一部の学生ローンでは18歳や19歳の未成年(高校生は利用不可)も融資の対象となっています。

 

消費者金融でお金を借りられる学生は20歳以上である必要がありますが、以下の学生ローン会社であれば19歳以下の学生であっても借入できる可能性もあるのです。

未成年の学生が借入できる学生ローン会社

  • カレッヂ
  • アイシーローン
  • フレンド田

ただし、フレンド田で借入する場合には親の同意や保証人が必要になりますので、親バレは避けられません。学生が親に内緒で借入したいのであれば、それ以外の2社から選択する必要があるのです。

 

システムの便利さが違う!限度額・金利・審査・ATMなど

消費者金融と学生ローンでは多くのシステムの違いがあり、便利さを総合的に判断すると消費者金融の方に多くのメリットがあると言えるのです。特に大手の消費者金融には、学生ローンでは感じることのできないメリットがあります。

学生ローンよりも多い大手消費者金融のメリット

  • 知名度が高いため安心
  • 学生証の提示は不要
  • 迅速な審査で土日祝日の申込みにも対応
  • 自動契約機で申込み・契約・カードの発行ができる
  • 全国のコンビニのATMからでもお金を借りられる
  • 初回の借入で無利息サービスが利用可能
  • 学生ローンよりも限度額が高め

なんと言っても大手のキャッシングサービスはテレビCMでの宣伝もあり、知名度は抜群ですよね。有名な所ならば多くの人が利用しているため安心して借入できます。学生ローンとは違い学生証の提示も必要ありません。

 

平日だけでなく土日祝日の申込みにも対応可能であり、迅速な審査と自動契約機の利用を組合わせれば即日カード発行も可能になり、全国のコンビニATMからでも曜日に関係なくキャッシング可能です。

 

大手の中には30日間無利息サービスなどを実施している所もあるので、一定期間ならば消費者金融のカードローン金利を0円にできます。

 

学生ローンの場合には限度額が最大50万円となっていますが、消費者金融では最大500万円〜800万円と高額になっているのです。学生でもアルバイト収入の多い人であれば追加融資などにより高額融資が受けられる場合もあるでしょう。

 

ただし計画的な利用が何よりも大切であり、借り過ぎで多重債務者となる人も年間100万人を超えているという報告もあるため、学生の内から自己破産など債務整理を行うような結果とならないよう注意が必要です。(以下の画像を参照)

多重債務者に関する統計

(出典:(参考リンク:金融庁/消費者庁「多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向」

 

学生ローンにもメリットはある

学生が借入する場合にも学生ローンよりも消費者金融の方が便利な点が多いですが、学生ローンにもメリットはあります。

 

学生ローンの利便性は大手消費者金融に劣ってしまいますが、その代わりに審査基準が緩い傾向にありますし、アルバイト先への在籍確認も実施していないため、借金が職場バレする心配はほとんどないでしょう。

 

もちろん親バレへの配慮もしてくれるため、親に秘密の借金をしたい時にも安心できます。

学生ローンにもメリットあり!

  • 収入についての審査基準が緩い傾向にある
  • 基本的に在籍確認なし
  • 親バレの配慮をしてくれる

 

学生が消費者金融で借りるのは危険!大手は安心。

学生が金融機関で借入するのであれば、大手の消費者金融は利便性が高いためおすすめできます。ですが、大手がおすすめというのにはもう1つ理由があるのです。

 

有名な所ならば法律をきちんと守って融資しているため、法外な金利を取られたり、返済を延滞したからといって怖い人が家や学校に取り立てに押しかけてくるというような危険はありません。

 

最も注意していただきたいのは、聞いたことのない社名や実在する会社に良く似た社名の貸金業者です。いずれも違法な貸付けを行う闇金業者である可能性があり、こういった会社の場合は融資を受けるまでは非常に親切な対応で、好印象を受ける人も多いと言われています。

 

ですが、闇金に関わると学生証を悪用されたり法外な利息や取立てにより将来に悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

誤って闇金と契約してしまった場合には直ぐに警察、または日本資金業協会当の貸金業相談・紛争解決センター、各自治体の消費生活センター、弁護士会などに相談することが大事になるのです。(参考サイト:日本資金業協会『「ヤミ金(悪質業者)かな?」と思ったら』

 

学生時代にお金を借りると就職に不利になるのか?

学生が学費や生活費などの不足でどうしてもお金借りたい時、心配になるのは「就職に不利になるのか」ということかも知れません。結論から言うと、キャッシングを利用していることが理由で就職に不利になることはありませんし、それ以前に企業が個人の借入状況を知る方法はないのです。

 

個人の借入状況は個人信用情報機関で管理されていて、登録されている情報を知る方法は2つしかありません。

個人信用情報機関で管理されている信用情報の取扱い

  1. 自分の信用情報の開示を請求する
  2. 金融機関が利用者の与信を目的として信用情報を照会する

基本的には自分の口から借金があることを伝えなければ、借入の事実を第三者に知られることはないのです。就職を希望する会社が金融機関である場合にも、信用情報機関では以下のような規定があるため会社バレの心配はないと言えます。

 

信用情報の利用

 

CICの情報は、加盟会員による消費者の支払能力・返済能力を調査するための判断材料などとして、次の時に利用されます。

  • 消費者から新規にクレジットやローンの申し込みを受け付けたとき(与信判断)
  • 消費者との契約後に与信枠の見直しや信用状況の変化を確認するとき(与信管理)
  • 加盟会員がCICに登録した情報に関して消費者本人から問い合わせがあり、情報内容を確認する必要がある場合(消費者対応)
  • CICからの調査依頼やモニタリングへの対応、または加盟会員による登録更新結果の確認のために、登録した信用情報の内容を確認する必要がある場合

なお、割賦販売法や貸金業法においても、「信用情報を返済能力・返済能力等調査以外の目的に使用し、若しくは第三者に提供をしてはならない」ことが規定されています。(引用:CIC(株式会社シー・アイ・シー)「信用情報の利用 利用目的」